新着ニュース

2020-10-26 15:30:00

【理学療法士の転職】失敗パターンに気を付けて!

病気やけがのために障害を抱えるようになった患者さんに対して、身体の機能回復や自立生活ができるようサポートする理学療法士。超高齢化社会を迎えている日本ではその活躍の場所が広がりつつありますが、職場に何らかの不満を抱えていて転職を検討している方も少なくありません。 そのような場合、もちろん転職で失敗したくないと考えていると思いますし、なにをやったら失敗になるのかを知っておきたいと思うのではないでしょうか。 そこで今回は、理学療法士の転職でのありがちな失敗例や、失敗しないためのポイントなどについてご紹介したいと思います。 続きを見る

2020-10-26 15:30:00

やってしまいがち!?作業療法士の失敗例と回避法

転職するからには、「希望の職場を見つけたい」「失敗したくない」と考えるのは当然です。しかし、十分な準備や対策をしなかったばかりに、転職後「こんなはずじゃなかった…」「転職は失敗だった」と後悔する方もいます。 この記事では、作業療法士が陥りやすい転職の失敗パターンと、失敗を回避する方法についてご紹介します。これから転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。 続きを見る

2020-10-26 15:30:00

【言語聴覚士向け】失敗パターンを押さえて転職を有利に進める

言語聴覚士は資格が必要な仕事なので次の就職が見つかりやすく、転職を考える人は多くいると思います。転職して後悔した!という失敗は避けたいものです。転職で失敗しないためには、どのような点に気をつけたらいいのでしょうか。失敗例を見ながら、有利に転職を進めるためのポイントを解説していきます。続きを見る

2020-10-26 15:30:00

【例文付き】理学療法士の転職志望動機はどう書けばいい?

転職活動をする上で、必要なのが履歴書・志望動機の作成です。なかでも、「志望動機」を書くときに手が止まってしまい、どんな内容を書くべきか悩む方は多いのではないでしょうか?じつは、志望動機は「何を書くか」「どのように書くか」のコツさえつかめば、意外と簡単に書くことができます。 この記事では、志望動機を書くコツ・盛り込むべき内容・例文とともに、志望動機のNG例もご紹介します。これから転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。続きを見る

2020-10-26 15:30:00

【作業療法士向け】転職志望動機の書き方解説と例文集

職種や業種にかかわらず、転職の際に重要になるのが「志望動機」ですが、作業療法士として転職する場合も例外ではありません。実際、人事担当者は履歴書の志望動機を確認して、職場が求めている人材かどうかを判断しています。 とはいえ、「どのように書けばよいか分からない」「自分の志望動機が正しいのか(人事の意図するものかどうか)確認したい」という方もいることでしょう。今回は、転職で採用されるかポイントのひとつになる「志望動機」をテーマに、志望動機の書き方やそのまま使える実例について解説します。 続きを見る

2020-10-26 15:30:00

【言語聴覚士の転職に】志望動機の書き方と例文について

転職のときに必ず必要になるのが履歴書です。いざ書こうと思ったときに、志望動機の欄で詰まっていませんか?どのような内容を書いたらいいのか、実際に採用担当者は志望動機をどこまで重視しているのか気になりますね。続きを見る

2020-10-26 15:30:00

【作業療法士向け】自己PRの書き方と例文

作業療法士として転職する場合、履歴書や職務経歴書に記載する自己PRは採用を左右する重要なものです。とはいっても、どのような自己PRを書けばよいか思いつかない方や自分が書いた自己PRに自信がないという方は少なくありません。 今回は、自己PRを書く時のポイントや注意点、転職先に合わせて参考にすることができる例文についてご紹介したいと思います。 続きを見る

2020-10-26 15:30:00

【言語聴覚士の面接対策に】自己PRの作成方法と使える例文集

面接では「自己PRを」と言われることがありますが、いざそう言われても戸惑ってしまいますね。どんな自己PRをしたらいいのか、自分のいいところってどんなところだろう?と考えてしまいます。面接のときに使える自己PRを考えてみましょう。続きを見る

2020-10-26 15:30:00

【基本動作をサポート】理学療法士(PT)とは

日本では、少子高齢化が進んでいます。年齢を問わずできるだけ元気な状態を保つため、医学的な見地から健康をサポートするのが理学療法士の仕事です。これから高齢に差し掛かる人が増えるなか、理学療法士の需要もますます拡大していくと考えられています。理学療法士を目指している方は、その仕事内容やどうすればなれるのかについて知っておく必要があります。 今回は、理学療法士の仕事や歴史、なる方法や難易度などについて詳しく解説していきます。 続きを見る

2020-10-26 15:30:00

言語聴覚士(ST)とはどんな職業?仕事内容や資格の取り方について

高齢化が進んでいる日本では、脳疾患や心臓疾患などによって失語症や嚥下障害といった問題を抱える患者さんが増えています。このような患者さんに対して、言語機能やリハビリテーションを行うスペシャリストが言語聴覚士です。言語聴覚士をこれから目指そうと考えている方の中には、どんな職業なのかもっと知りたいと思っている方もいるのではないでしょうか。 今回は、言語聴覚士とはどのような職業なのか、資格を取るには何が必要なのか、言語聴覚士になるのは難しいのかなどについて解説します。 続きを見る

2020-10-26 15:30:00

リハビリの三大職種!理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)のそれぞれの違いは?

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)は医師や看護師、介護職の人たちとチーム医療で働くリハビリテーションのスペシャリストです。いずれもリハビリテーションに関係する職種ですが、意外とそれぞれの違いを知らないという方も少なくありません。 今回は、リハビリ職を目指している方のために、それぞれの職種の違いについて解説します。 続きを見る

2020-10-26 15:30:00

機能訓練指導員を辞めたいと思ったときに注意するべきこと

現在、医療施設や介護施設などで「機能訓練指導員」として働いている方の中には、職場環境や待遇などに不満があり、転職を考えている方もいると思います。ただし機能訓練指導員の場合、「個別機能訓練指導員加算」という問題が関係してくることがあるため、スムーズに今の職場を辞めることができるのか、どのような手順で辞めたらよいのか疑問に思う方も少なくありません。 今回は、今回は機能訓練指導員の転職をテーマに、退職を申し出るときに確認しておくべきことや退職の手順、円満退職のためのポイントなどについて詳しく解説します。続きを見る

2020-10-26 15:30:00

機能訓練指導員になって辛いこと、大変なことは?

機能訓練指導員は、デイサービスや特別養護老人ホームのような介護施設で機能訓練を行い、できるだけ自分で身の回りのことができるよう支援していく仕事です。やりがいのある仕事ですが、責任を伴う仕事であるために大変なこともあり、転職を考える方もいます。 今回は、機能訓練指導員になって辛いことや、辛さが報われたと感じる瞬間などについて解説します。 続きを見る

2020-10-26 15:30:00

機能訓練指導員の志望動機の書き方と例文

機能訓練指導員として転職したいと考えている場合、避けて通れないのが履歴書に書く志望動機です。機能訓練指導員は専門職なので、資格や経験ももちろん重視されますが、志望動機によって応募者の人柄や考え方などを知ることができるため、採用担当者は重視しています。 一方で転職を考えている方の中には、志望動機をどう書けばよいかわからず困っている方も少なくありません。 今回は、志望動機を書く時のポイントやNG例、実際の例文などをご紹介したいと思います。続きを見る

2020-10-26 15:30:00

機能訓練指導員の仕事内容について

要介護者や要支援者に対してリハビリテーションを実施する「機能訓練指導員」は、介護業界の中でも月収が比較的高いことから人気の職種となっています。今回は、この職種を目指している方や転職を考えている方に対して、実際にどのような仕事を行うのか、なるために必要な資格や活躍している場所などについて詳しく解説します。続きを見る

2020-10-26 15:30:00

機能訓練指導員とはどんな職業?必要な資格や給与について

介護施設を中心に利用者の身体機能回復に努める機能訓練指導員は、介護職の中でも給与が良いこともあり、人気の職種の一つになっています。一方でこの職種を目指したい、あるいは転職したいと思っているものの、仕事内容や必要な資格がよくわからないという方もいます。 今回は、機能訓練指導員の仕事内容や必要な資格、給与や活躍している場所について解説します。 続きを見る

2020-10-26 15:30:00

介護施設などで活躍している機能訓練指導員の役割や必要な適性について

機能訓練指導員はリハビリの専門家として今後高齢化社会を迎える日本にとってますますニーズが高まる職業と言われているため、キャリアアップとして転職を考えている方も候補にしてみるのは有益と言えるでしょう。 今回は、機能訓練指導員の役割やこの職種を目指すために必要な適性などについて解説します。 続きを見る

2020-10-26 15:30:00

理学療法士の一日の業務スケジュール

患者と一緒に二人三脚で運動機能の回復を目指す理学療法士は、看護師などと比べると知名度は劣りますが、さまざまな施設で活躍しているほか、今後のニーズもますます拡大することが予想されています。現在、この資格を取得して働きたいと考えている方の中には、1日の中でどのようなスケジュールで働いているのか関心があると思います。 こちらの記事では、1日の業務の流れや残業について、また職場によって働き方がどのように異なるかついて解説します。 続きを見る

2020-10-26 15:30:00

作業療法士の一日の業務スケジュール

作業療法士は、心身に障害を抱えた方に対して日常生活のさまざまな作業を行えるようサポートするやりがいの大きい仕事です。この専門職に就職しようと目指している方は、現在活躍中の方がいったいどのような流れで1日の業務を進めているか関心があると思います。 今回は、病院施設で働く場合をメインに1日の業務スケジュールをご紹介したいと思います。また、気になる残業やほかの施設で働く場合のスケジュールの違いなどについても詳しく解説します。 続きを見る

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の無料転職サポート

ご登録はこちら

お電話でのご登録は0120-975-670(携帯・PHSからもご利用になれます) 受付時間 平日9:30~20:00