転職時における自己分析の方法は、非常に多くのWebサイトで紹介されていますが、作業療法士(OT)に特化したものはあまりなく、どのように進めればいいか不安になる方もいるのではないでしょうか。

中には、そうしたものは必要ないと考える方もいますが、後悔しない転職や将来のキャリアアップを考えると、可能な限り取り組むことをおすすめしています。

今回は、そんなOTの自己分析方法について詳しくご紹介していきます。

自己分析というとハードルが高く感じてしまいますが、自分ができることや好きなことを整理するだけですので、この機会にぜひ取り組んでみてください。

1.作業療法士(OT)の自己分析方法

自己分析の基本は他の業界や職種と同じですが、転職活動や勤務先を決める上で、OTならではのポイントもいくつか存在します。今回は、数ある自己分析の手法の中でも、取り組みやすいものをお伝えしていきます。

具体的には、次の3ステップで行っていきます。細かな注意点や疑問については次章以降で解説していきますので、まずは全体の流れを掴んでいきましょう!

  1. やってきたことを整理する
  2. 思い出深い訓練や患者さんを掘り下げる
  3. 転職活動用に整理する

①.やってきたことを整理する

まずは、これまで行ったリハビリや訓練をできる限りピックアップしていきます。転職業界では、キャリアの棚卸しと呼ばれるものです。

漠然と考えると難しいですが、これまで担当した患者さんを思い出しながら、入職した月から順々に整理していくと上手く洗い出せると思います。

この時、特に印象に残っているリハビリには理由をメモしていくと次の作業が簡単になります。例えば、「作業療法を工夫し笑顔が増えた」といった感じで、簡単なメモ書き程度で大丈夫です。

②.思い出深い訓練や患者さんを掘り下げる

次に、先ほどメモした経験について掘り下げていきます。ここでのポイントは、「思い出深い理由・そこで得た経験・自身に与えた影響」という3つを整理していくことです。

文章の長さを気にする必要はありませんが、下記サンプルのように他人に分かりやすく伝えられる内容を意識すると良いでしょう。(先ほど例に挙げた、作業療法を工夫し笑顔が増えたという経験を掘り下げていきます。)

思い出深い理由

あまり楽しそうな顔をしないAさんに、少しでも楽しみながらリハビリに取り組んでもらいたいと思い、計画書を何度も作り直し工夫することで、笑顔を増やすことができた。

得た経験やスキル

ゲーム性のあるリハビリやAさんの好きそうな作業をベースに、作業内容はもちろん全体の構成やペース配分を考慮しつつ、リハビリそのものの効果も出すことを考え続けることで、自分自身の引き出しも増えていった

自身に与えた影響

作業療法の目的の一つであるADLを高めるためには、主役である患者さんに、集中して取り組んでいただく必要がある。という当たり前のことを、より深く考えるようになった。

今の訓練も楽しそうに取り組んでいただいている方に、もっと楽しんで(集中して)もらえる方法はないか、考える時間が増えた。

③.転職活動用に整理する

最後に、①と②の内容を整理してまとめれば自己分析は完了です。ここでのポイントは、自分ができること経験したことを見える化し、好き嫌いを整理したうえで、これからどういった仕事をしたいかをなるべく具体的にすることです。

自己分析したノートは、勤務先選び~内定を勝ち取るまで、ずっと使い続けることができますので、自分が一番使いやすいようにアレンジして大丈夫ですが、ここでは一例としてサンプルをご紹介します。

また、下記に加え②で作成したものは、作業療法や患者さんの症状別にまとめておくと見やすいと思います。

項目詳細
経験した作業療法利き手交換(機能) オセロ(心理) ・・・・
経験した患者さんのステージと症状回復期:整形:20代男性 回復期:がんリハ:50代女性 ・・・・
働いていて嬉しいこと工夫した作業療法で効果が見える チームで協力して患者さんと向き合える ・・・・
働いていて苦手なこと結果がなかなか出ない 体育会系のノリが苦手 ・・・・
今後やっていきたい仕事患者さんと向き合い、生活期のサポートに深く携わっていきたい

2.自己分析はすごいところ探しではない

自己分析やスキルの見える化というと、同期や先輩の作業療法士(OT)と比べてしまう方が非常に多いですが、先ほどお伝えしたように、他人と比較する必要は一切ありません。

あくまで、何ができるのか・何が好きなのかを、自分自身で再発見することが一番の目的ですので、変に謙虚になったり、やったことがないことをできると言う必要はありません。

そうすることで、自分自身を見つめなおすことができることはもちろん、事業所が認識しているあなたの経験と実態のギャップも少なくなり、転職後に苦労する可能性も少なくできるでしょう。

3.まとめ

今回は、作業療法士(OT)の自己分析方法についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

自己分析は今までのキャリアを振り返り、OTとしてどういったリハビリに携わり、何を考えて仕事に取り組んできたかを明文化する作業です。

中には、「毎日が忙しすぎて、あまり考えていない」と悲観してしまう方もいらっしゃいますが、改めて思い起こしてみると、無意識にさまざまなことを考えていたと発見することも多いと思います。

転職活動を有意義にするためにも、ぜひ自己分析にチャレンジしてみてください。

関連記事

作業療法士(OT)の転職に関するおすすめ記事をご紹介。