転職活動で欠かせないのが「面接」です。「どんなことを聞かれるか不安」「質問に上手く答えられるか心配」など、面接に強い不安を持つ方も多いのではないでしょうか。

この記事では、作業療法士の面接対策として、事前準備・面接で聞かれる質問と回答のポイント・面接で避けるべきNG行動について解説します。これから面接を控えている方は、ぜひ参考にしてください。

採用面接に必要な準備

面接対策と聞くと、身だしなみや質問に対する回答に注意が行きがちですが、それ以外にも準備すべきことがいくつかあります。面接当日に慌てることのないように、しっかりと準備をして面接に臨みましょう。

志望先情報を再度確認する

志望先の情報はすでに調べていると思いますが、面接前に再度整理しておくのがおすすめです。とくに、志望先の掲げる理念・方針や診療科目などは、面接で志望動機を問われた際の回答にもつながる部分です。

自己分析・経歴・将来の目標を整理しておく

自分自身の長所や短所、これまでの経歴や今後の目標なども、面接で聞かれやすい内容です。経歴や今後の目標は、「採用ニーズとマッチしているか」を確認するポイントになりますので、整理しておきましょう。

予測される質問への対策

後ほど詳しくご紹介しますが、面接での質問には「聞かれやすい内容・傾向」があります。就職への意欲を示しつつ、採用ニーズにマッチした回答ができるように、質疑内容をシュミレーションしておきましょう。

身だしなみのチェック

第一印象を左右するのが身だしなみです。清潔感・誠実さが伝わる装いをイメージし、服装・靴・かばんなど身につける物や、髪型・メイク・ひげなどを整えておきましょう。

持ち物の確認

書類・筆記用具・スマホ・ハンカチ・財布など、当日忘れたら困るものは事前に準備しておきましょう。志望先に関する情報や履歴書のコピーを持っておくと、移動中に読み返せるので安心です。

面接会場までの交通手段・所要時間を確認

面接会場までのアクセスや交通手段、徒歩や待ち時間も含めた所要時間を事前に調べておきましょう。可能であれば、面接当日までに一度下調べに行くことをおすすめします。

作業療法士の面接質問集

面接では、あなたの性格・これまでの経歴・仕事に対する考え方などを確認し、「採用すべきかどうか」の判断材料とします。質問を予測し、質疑応答をシュミレーションしておくことは、面接対策において非常に重要です。

自己紹介・自己PRに関する質問

この質問は面接の導入部分で、あなたがどのような人物であるかをチェックしています。

  • 以前の経歴を交えて、自己紹介とアピールポイントを聞かせて下さい。
  • あなたの性格について、長所・短所はどのようなところですか?
  • 得意分野はありますか?

自己PRでは「あなたがその職場にとってふさわしい人材である」とアピールする必要があります。得意とする分野・スキル・強みをただ羅列するのではなく、「アピールポイントが志望先の採用ニーズとマッチしているか」を意識した回答を心がけましょう。

経歴・キャリアに関する質問

過去の経歴やキャリアに関する質問は、仕事への姿勢・組織への貢献を推察する意図があります。

  • ◯◯分野での勤務経験があるようですが、どのようなお仕事をされたのか教えて下さい。
  • 前職場では、どのような業務を任されていましたか?
  • 仕事をする上で心がけていることはありますか?
  • これまでの仕事の中で、印象的なエピソードがあれば聞かせて下さい。

過去の経験で得た知識やスキル・失敗から学んだことなど、「仕事に対する意欲」「前向きな姿勢」が伝わるような回答が理想です。

退職理由・転職理由に関する質問

退職理由や転職理由は、必ず聞かれる質問です。この質問の裏には、「前職場でトラブルはなかったか」「採用したら長く働いてもらえそうか」を知る意図があります。

  • 転職しようと思ったきっかけは何ですか?
  • 現在の職場を退職される理由は何ですか?
  • 今回が2度目の転職ということですが、差し支えなければ前回の退職理由を教えて下さい。

退職・転職理由については、「人間関係」や「給与」などネガティブな理由を伝えてしまうと、「採用しても、また同じ理由で辞めるかも…」と懸念される危険性があります。なるべくポジティブな回答を心がけましょう。

志望動機・キャリアプランに関する質問

数ある求人の中からなぜそこを選んだのか、どのような仕事に取り組みたいのかを問われる質問です。同時に、興味のある分野や今後の目標を聞くことで、志望先への適性があるかどうかもチェックしています。

  • 近隣にも同じような施設がいくつかありますが、なぜうちの施設を希望されたのですか?
  • 当院の◯◯科に興味があるようですが、具体的にどのような仕事がしたいのか教えて下さい。
  • これまでの経験を、今後どのように活かしたいと考えていますか?
  • 今後、取り組んでみたい仕事内容・目標はありますか?

回答する際は、志望先の採用ニーズを考慮し、具体的な志望動機・キャリアプランを示すことが大切です。

逆質問

ひと通りの質問を終え、最後に聞かれるのが「何か聞いておきたいことはありますか?」という逆質問です。「何もありません」と答えるよりは、1つでもいいので、質問を考えておくと良いでしょう。

ただ、給与や職場の人間関係など突っ込んだ内容や、調べればわかるようなことを聞くのはNGです。

面接でありがちなNG行動

意気込んで面接に臨んでも、たったひとつの行動が相手に悪い印象を与え、合否に影響することもあります。当日慌てて準備をしたり、緊張や不安が強すぎたりするとやってしまいがちなNG行動を6つご紹介します。

遅刻をする

天候の影響や、交通機関の遅れなどのやむを得ない理由を除き、面接での遅刻は絶対にNGです。ギリギリの時間に駆け込むのも避けましょう。約束の時間を守るのは、社会人としての基本です。

挨拶に元気がない・声が小さい

普段から声が小さい人・緊張が態度に出やすい人は、「自信のない人」「オドオドした人」という印象を与え、面接ではマイナスポイントになります。面接では、「ちょっと大きいかな?」くらいの声のボリュームで話すのが丁度良いかもしれません。もちろん、笑顔を忘れないことも大切です。

目を見て話さない

目を見て話すことは、コミュニケーションの基本です。とくに、患者さん・利用者さんとの良好な関係を必要とするリハビリ職では、「コミュニケーションに不安がある人は採用したくない」というのが本音ではないでしょうか。

身だしなみに清潔感がない

リハビリ職は人と接する仕事ですので、清潔感や親しみやすさが重要です。スーツのしわや汚れ・まとまりのないヘアスタイル・濃すぎるアイメイク・顎ひげなども、面接ではNGポイントになり得ます。かばんの型崩れや靴の汚れなども、事前にチェックしておきましょう。

関連記事

作業療法士(OT)の転職に関するおすすめ記事をご紹介。