作業療法士(OT)は働く場所や領域が多岐に渡るため、さまざまな理由で転職する方も少なくはありません。特に女性は、ライフスタイルに合わせて職場を変えるということもあるかと思います。

OTとして転職する際、誰しもが失敗したくないと考えるはずです。しかし、求人の多いOTだからこそ、転職成功のポイントを押さえておかなければ後悔が残ってしまうこともあります。

そこで今回は、OTの転職でありがちな失敗例やその回避法についてご紹介していきたいと思います。

1.作業療法士(OT)の転職失敗例

作業療法士(OT)の場合、数年働いて転職することは珍しくはなく、求人自体も多いため、条件にこだわらなければ次の転職先を見つけることはそれほど難しいことではありません。

とはいえ、なんとなく転職することを決めて進めてしまうと、後悔が残る転職となってしまうこともあります。OTの転職でよくありがちな失敗例を見ていきましょう。

転職の目的が曖昧

転職する理由として、「〇年働いたからそろそろ」や「給与がもう少し高いところで働きたい」など、転職する目的が曖昧である場合、次の職場に移ったとしてもまた不満が募る場合が多いです。

転職する理由が明確になくなんとなく転職してしまうと、転職活動が長引いてしまったり、妥協して転職先を選んでしまいがちになります。

聞いていた条件と違った

よくありがちな失敗例として、求人情報に載っていた内容や見学時に聞いた内容と実際働いてみると条件が違ったという場合もあります。

例えば、残業なしと記載があったが、実際は残業をしているにも関わらず残業手当が支払われない。育休制度や休暇取得可能と聞いていたが、職場の雰囲気として取りにくい現状があるなど。

過度に条件の良い求人などは特に慎重に進める必要があるでしょう。

特定の希望条件だけで決めた

転職が初めての人に陥りやすい失敗例として挙げられるのが、「給与が良いから」や「休みが多いから」と言ったある特定の条件だけを良しとして転職先を決めるパターンです。

給与が高いにはそれなりの理由が必ずあります。業務量が多かったり、実は年間休日が少なく、実労働対価は低いということも考えられるのです。

良い条件の職場に関しては、より総合的に判断しなければ失敗の元になりかねません。

友人の紹介で転職先を決めた

作業療法士(OT)は、友人の紹介で転職先選んだということも少なくはありません。

この場合に注意しなければならないことは、友人の紹介ということで、見学したり内定をいただいた際には断りにくくなるということです。さらには、本来納得のいかない条件があり、条件交渉をしたいとなってもそれがしにくい現状があります。

したがって、何かを妥協して転職することになり、いずれは不満が募る結果となることも考えられるのです。

2.失敗を回避する7つの方法

引く手あまたな作業療法士(OT)であっても、転職を甘く見てしまうと失敗してしまうことも往々にしてあります。

では、これらの失敗をしないために何をすればよいのか。転職での失敗を回避するための7つの方法を具体的にご紹介していきます。

転職の目的をはっきりさせる

転職を成功させるために最も大切なことは、自分は何のために転職するのかという
転職する目的をはっきりさせることです。

「特定の分野でより多くの経験を積みたい」「今までの経験を活かして、興味のあった別の分野に挑戦してみたい」「今後出産や子育て等のライフスタイルの変化に合わせて働きやすい職場に転職したい」など。

より具体的に転職する目的を考えた上で、さらに求める条件の優先順位を自分の中で決めることが大切です。

そうすることによって、どの職場を選べばよいか、どのように自分の強みをアピールしていけばよいかが見えてくるでしょう。

自己分析で適性を把握する

転職の目的を明確化することと合わせて、自己分析で適性を把握することも重要です。

転職先を選ぶ上で、自分はOTとしてどの分野で働いていきたいのか、どんな職場や働き方が合っているのか、そして、その職場に対して自分は何ができるのかを考えてみましょう。

自分に合った働きたい職場が見つかれば、その職場に合った自分の強みを面接でアピールしていくことができます。

表面上の条件・情報だけで決めない

OTは求人が多いため、表面上の条件や情報だけで転職先をすぐに決めないようにしましょう。

どの求人も、できる限り良い条件を書いています。求人情報だけを鵜呑みにせず、しっかり自分の目で確かめたり、面接時に確認する、実際に働いている方の声を聞くなどして、職場の実状を知ることを心がけてください。

職場見学に行く

転職先を決める前には、必ず職場見学に行くことをオススメします。

通常時の職場を見に行くことで、働いている方たちの雰囲気や人間関係、どんな年齢層の方たちが働いているかが一目瞭然です。

後悔しない職場選びのポイントとして、人間関係が良好なことは大事ですし、若い人ばかりが働く職場の場合、労働環境が良くなくすぐに辞めてしまう傾向のある職場である可能性も考えられます。

知り合いの紹介は「辞めづらい」と覚悟しておく

知り合いの信頼できる方が紹介してくれた職場であれば、転職がスムーズに進むため、そこに決めることは決して悪いことではありません。

しかし、知り合いの方からの情報だけで決めるのではなく、ホームページや口コミ、見学時に質問をするなどして、自分自身でしっかりと下調べすることも大切です。

その上で、その職場に転職する決断をする際には、紹介で入ることからも「辞めづらくなる」というデメリットを理解しておきましょう。

働きながら転職活動をする

転職を成功させるためには、今の職場を辞めてから転職活動を始めるのではなく、働きながら転職活動を始めるというのもポイントの一つです。

もちろん、働きながら同時並行で転職活動を行うのは負担も増えるため、一概には言えませんが、焦ることなくじっくりと転職先を選ぶことができたり、いろんな職場を見る中で、実は今の職場の良さを知り転職をしないという選択をすることもできるからです。

働きながらメリハリをつけて転職活動に打ち込むと、必要な選択肢が見えてくることもあります。

転職エージェントに相談する

転職で失敗しないためには、これまで失敗例も多くみてきた転職のプロである転職エージェントに任せてしまうというのも一つの方法です。

特に働きながら転職活動を進める方にとっては、転職先選びから、情報収集、条件交渉、面接の日程調整などを相談しながら効率的に行ってくれます。

第三者のプロの立場からのアドバイスをくれたり、職場に直接聞きにくいことも間に立って聞いてくれるため、有効活用するとよいでしょう。

3.まとめ

作業療法士(OT)として働いていくと、別の職場に転職することはほとんどの方が経験していくのではないでしょうか。

そんな中で、なぜ自分は転職するのか、転職してどんな働き方がしたいのかをじっくりと考え、転職先の職場を見極めることも必要になってきます。

後悔のない転職となるように、こちらの記事を参考にぜひ前向きに考えてみてください。

関連記事

作業療法士(OT) の転職に関するおすすめ記事をご紹介。