「丁寧に-正しく-簡潔に」

どんな職業であろうと、採用担当者は、履歴書の書き方から、「社会人としての常識がある人物か」を判断しています。読む人のことを考え、読みやすく伝わりやすい書面作りを心がけましょう。

作成時の注意点。

  • パソコンで作成しても良いが、手書きの方が尚良い。
  • 記入は黒のボールペン、もしくは万年筆を使用。
  • 修正液-修正テープは使用しない。
  • 間違えたら、新しい用紙に書きなおす。
  • 文章、文字は丁寧に書く
  • 全ての項目を記入する。
  • 提出前にコピーをとり、控えとする。
  • 最後に誤字-脱字がないよう、しっかりと確認。

基本情報欄について

基本情報

1 日付

PT/OT人材バンクでは、面接日当日の日付を推奨しています。

2 氏名

  • 大きく-見やすく-楷書体で丁寧に記入。
  • 氏名の読み方に(ふりがな)とある場合…ひらがなで記入
  • 氏名の読み方に(フリガナ)とある場合…カタカナで記入

3 生年月日

  • 算用数字を使用して正しく記入。

4 印鑑

  • インスタントの印鑑は使用しない。
  • 朱肉を使用する。
  • かすれないように、まっすぐ捺印。
  • 捺印後は、ティッシュなどで押え、にじみを防ぐ。

5 写真

  • 3ヶ月以内に撮影した写真を使用。
  • スーツや襟付きの白いシャツにジャケット等、礼儀を欠かない服装。
  • 前髪で、顔や目が隠れないように留意。
  • 歯を見せない自然な表情を心がける。
  • インスタントより、写真店などでプロに撮影してもらう方が好ましい。
    ※プリクラやスナップ写真は論外です!
  • 写真の裏にも名前を記入。(はがれてしまう場合があります。)
  • 書き損じる場合を考え、糊付けは最後に。

6 現住所・連絡先

PT/OT人材バンクでは、面接日当日の日付を推奨しています。

  • 現住所
    • 都道府県名から記入
    • マンションやアパート名は省略しない。
    • 建物名と部屋番号まで記載。
    • 振り仮名もしっかり記載。
  • 連絡先
    • 現住所と誓う場合のみ記載。
    • 記載する場合のルールは「現住所」と同様に。

学歴

学歴

  • 中学校の卒業年次、もしくは高校入学年次から記載。
  • 高校以降は、入学-卒業年次ともに記載。
  • 学校名-学部-学科は省略せずに書く。

職歴

職歴

  • 勤務した病院-施設名と入職と退職の年月を時系列順に記載。
  • 病院や施設名は法人名から正式な名称で記載。
  • 現在も在職中の場合は「現在に至る」と記載。
  • 退職した場合は「一身上の都合により退職」と記載。

免許・資格

免許・資格

  • 資格を取得した順に正式名称で記載。
  • 取得した免許-資格は職務に係わらないものでも全て記載。
  • 資格取得前の段階のものもあわせて記載。
    (一次試験合格、勉強中、在学中、講習受講中等)

志望動機

志望動機

  • 150文字~250文字、もしくは、4~5行程度が目安。簡潔にまとめる。
  • 志望動機例文や定型文をそのまま引用しない。
  • ネガティブな内容、前職の愚痴を避け、敬語で書く。
  • 応募先に対し、上から意見するような改善案などは書かない。
  • 応募先の風土や業務内容と相性が良いと思わせることを意識する。

以下の流れに則って書くと、まとまりやすい

1 転職を決意するに至ったこれまでの経緯

  • 前職までに培った経験やスキル、職場への貢献度。
  • 上記を踏まえた上で、転職を決意した理由

2 転職するなら、ココでなければならない理由

  • 応募する事業所の理念やスタンス、求める人物像にそった内容を書く。
  • 自分のスキルや経験で上記と共通する事柄や、考え方を軸にまとめる。
  • 応募先のどこに、魅力を感じたかが伝わるように意識する。

3 入職後、どのように貢献できること、挑戦したいこと

  • 1・2の項目からの流れからそれず、納得できる内容を書く。
  • 貢献できることについては、偉そうな表現にならないように留意。
  • 挑戦したいことについては、熱意が伝わるように書く。

特技-趣味

  • 必ず、特技-趣味を1つずつ以上記載。

その他特記事項 / 本人希望欄

  • 入職日や勤務時間など、どうしても調整できない項目などがあれば書く。
  • 何もない場合は「特記事項なし」と記入。

経験豊富なキャリアパートナーが、
あなたの疑問と不安にお答えいたします!
お気軽にご相談ください。

完全無料の転職サポートへのご登録はこちらから