リハビリ職の職務経歴書の記入例

キャリアパートナーが作る職務経歴書

数多くの転職をサポートしてきたキャリアパートナーが理想とする職務経歴書のサンプルです。採用担当者に伝わりやすく読みやすい職務経歴書のコツをまとめてありますので、是非ご参考になさってください。

職務経歴書のお手本

職務経歴書

バランスよいレイアウト

改行などを使い、適度な余白をつくると、読みやすくなります。また、小見出しやタイトルを太字にしたり、下線や記号をあしらったりすることで、メリハリのある文書に仕上がります。

内容を集約した小見出し

長い文章には、内容を集約した小見出しをつけると、分かりやすくなります。今までの経験から出来ることや、入職先に貢献できることなどを一言で表現したものを小見出しとし、その上で、具体的な経験や内容について記載すると良いでしょう。

きちんとした裏づけ

将来の展望や今後入職先に貢献できることには、必ず、裏づけとなる具体的な経験や経緯、目的なども合わせて書きましょう。

BAD

私は在宅復帰に対するリハビリテーションに興味があるので、介護支援員の資格も取りたいと思ってます。

GOOD

また、私は在宅復帰に対するリハビリテーションに興味があります。
将来は介護支援専門員の資格も取得し、在宅医療の知識を増やしリハビリテーションを提供してきたいと考えています。

職務経歴書の書き方に悩んだら

キャリアパートナーまでご相談下さい。アドバイスさせていただきます。

経験豊富なキャリアパートナーが、
あなたの疑問と不安にお答えいたします!
お気軽にご相談ください。

完全無料の転職サポートへのご登録はこちらから