転職活動における自己PRとは、簡単に言えば「自分はこういう人間で、採用するとこんなメリットがありますよ!」と採用担当者に売り込むための文章です。「自己PRに何を書けばいいかわからない」という方は、自己PRを書くための準備・材料が整っていない可能性があり、まずはそこから取り組む必要があります。

この記事では、自己PRを書くために必要な準備・書くときのポイントを解説したあと、OKな自己PR例・NGな自己PR例をご紹介します。これから転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

自己PRを書く前に、「自己分析」はできていますか?

自己PRは、自分についてしっかり理解していないと書けないものです。なんとなく理解しているつもりでも、「あなたはどんな人間ですか?」「これまでどんな仕事をしてきて、何が得意ですか?」と聞かれて、瞬時に答えられる人は少ないのではないでしょうか。

自己PRを書くためには、自己分析をしっかりと行い、適性やアピールポイントを整理する必要があります。「自己分析なんて面倒だな…」と思わず、相手に伝わる自己PRを書くための準備だと思って取り組みましょう。自己分析を行うポイントは、たった3つです。

  1. 仕事の経歴を書き出す
  2. 印象的なエピソードを書き出す
  3. 自分の強みを「価値」に置き換える

ステップ1:過去の経歴を書き出す

仕事に関する過去の経歴は、以下の点を意識して書き出してみましょう。

  • 理学療法士としての経験年数は?
  • どんな患者さんを担当した?
  • 得意とする分野・疾患は?
  • 苦手な分野・疾患は?
  • 仕事にやりがいを感じるのはどんなとき?
  • 仕事で評価されたこと・嬉しかったことは?
  • 他者から褒められるポイントは?

ステップ2:印象的なエピソードを書き出す

過去の経歴を思い出しながら、具体的なエピソードがあれば、それも書き出しておきましょう。たとえば、次のようなエピソードがあれば、それについて「なぜそう感じたのか」「そこから何を学んだのか」というところまで深堀りして考えます。

ある患者さんとの関わりについて、上司から高い評価を得た
→どんな点を褒められたのか?
何が良かったのか?
自分が「これだけは誰にも負けない」と自負している部分は?
仕事をする上でのモットーは?

このように深堀りすることで、自分の強みや仕事観がより具体的になります。

ステップ3:自分の強みを「価値」に置き換えてみる

「ステップ2」で自分の傾向や強みがわかったら、いよいよ最後のステップです。自己PRを書くときは、自分の特徴だけでなく「採用するメリット」を示す必要があります。あなたが素晴らしい経歴やスキルを持っていても、採用側のニーズ(求める人材)にマッチしなければ採用にはつながりません。

志願する病院・施設の理念や方針と照らし合わせて、自分の強みと志願先の求める人材の共通点を探してみましょう。自分の強みが志願先の採用ニーズと合致するところがあれば、それがあなたの「価値」となります。自己PRでは、この「価値」を最大限に伝える必要があるのです。

理学療法士が自己PRを書くときのポイント

自己分析ができたら、実際に自己PRを書いてみましょう。自己PRで大切なのは、相手に「気になる人材だ」「ぜひ直接会ってみたい」と思わせることです。パッと読んで興味を持ってもらうためには、要点を絞った内容であることが大切です。次のポイントを意識して、自己PRの文章を組み立ててみましょう。

  1. 冒頭で、これまでの経歴を簡潔に書く
  2. 自分が持っているスキル・強みを具体的に書く(説得力のあるエピソードがあればなお良い)
  3. あなたの「価値」(採用するメリット)を示し、強みやスキルを活かして組織に貢献できることをアピールする

必ずしもこの順番である必要はありませんが、読み手にとっては「どんなスキルがあるのか」「どのような活躍をしてくれるのか」という部分がもっとも気になるはずです。文章の中に、【経歴】→【具体的なスキル・価値(エピソード)】→【採用するメリット】という流れがあると、読み手の興味をグッと引きつけることができます。

よくある理学療法士の自己PR例

例文を参考にしたい方に向けて、転職パターン別の自己PR例を見ていきましょう。

病院から介護施設へ転職

大学病院で5年間勤務しました。その間、幅広い疾患・症状に対するリハビリを経験しましたが、とくに脳卒中の後遺症に悩む方に多く携わってきました。貴施設では、脳血管障害や整形疾患の方が多く入所されていると伺っております。これまでの経験を活かし、一人ひとりの残存機能や生活に着目したリハビリを提供したいと考えております。

介護施設から訪問リハビリへ転職

病院勤務を経て、5年間介護施設に勤務しました。介護施設では、在宅復帰を目指す方への訓練を通して、「利用者様の暮らしにより密着したリハビリを提供したい」と考えるようになりました。訪問リハビリの経験は初めてですが、介護施設で培った知識・スキルを活かせると考えております。

他業種から理学療法士への転職

大学を卒業後、営業として3年間働いておりました。その間、怪我で入院した際にリハビリを受ける機会があり、理学療法士の仕事に興味を持ち志すことを決意しました。理学療法士としての就職は初めてですが、患者としてつらい日々を送った経験と、営業時代に培ったコミュニケーションスキルを活かし、患者様に寄り添ったリハビリを提供することが目標です。

これは避けて!理学療法士の自己PRのNG例

最後に、「これだけは避けてほしい!」という自己PRをご紹介します。

・自分を卑下しすぎている
(とくに取り柄もありませんが…、まだまだ経験不足ですが…など)

・自信のなさ・不安が透けて見える
(◯◯には不安がありますが…、人見知りですが…など)

・アピール内容に具体性がなく、採用側の得られるメリットが伝わらない
(体力には自信があります、患者さんからの評判が良かった…など)

・経歴を「盛る」内容
(過去の経歴、職務を詐称する)

・文章が長すぎる

自信のなさは採用側にも伝わるため、積極的に採用したいとは思ってもらえないでしょう。また、「経歴を盛る」「ウソの内容を書く」というのは、言語道断です。自己PRは、あなたを「売り込む」ための文章です。ぜひ、自分の強みやアピールポイントを見つけて、相手の興味を引く自己PRを考えて下さい。

関連記事

書類の書き方や転職に関するおすすめ記事をご紹介。