馴れ合いもほどほどに・・業務にしっかり向き合える職場へ

成約者様の情報

  • 大阪府 作業療法士
  • 20代・女性、未婚
経歴
新卒から総合病院で6年、主に急性期・回復期
希望
教育・看護体制共にしっかりとした、人間関係の良い職場で成長していきたい。

大阪府の作業療法士の求人はこちら

転職のきっかけ

R.Kさんは、新卒で入職された大手法人病院で働いていました。
給与や雇用条件などには満足されていましたが、業務にも影響が出るほどの慣れあった人間関係を苦痛に感じ、悩んだ末に、PT/OT人材バンクにご相談をいただきました。

ご希望条件と背景

年間休日120日以上かつ高給与という、前職と同様の雇用条件を極力維持したまま、しっかりとした人間関係、ご自身の感覚に合った雰囲気の職場で働きたいということが、R.Mさんの一番のご要望でした。
また、勉強会や研修を通し、様々な病棟の経験を積みたいという、将来を見据えたお考えもお持ちでした。

提案から入職までの経緯

お話を伺っていく中で、「スタッフ同士仲良く」が基本でも、仕事に対する姿勢は真剣でありたいというR.Kさんの価値観に、担当キャリアパートナーも共感いたしました。
また、とても明るく、情熱のある方でしたので、和気藹々とした雰囲気の中でも、しっかりと統率の取れた体制がある病院を紹介させていただきました。

ご紹介させていただいた入職先は、PT/OT人材バンクとも長くお付き合いいただいている病院でした。
採用ご担当者様とも前々からお話しする機会も多く、病院内の雰囲気を詳しく教えていただいていました。
そのため、「雰囲気重視」という、正解の出しにくいご希望をお持ちのR.Kさんにも、自信をもってご紹介することが出来ました。

また、若いスタッフが多いことや、結婚出産後の復帰についても、具体的な実績やイメージをお伝えできたことが、よいマッチングにつながったポイントだと思います。


担当者の視点

転職を希望される方のご相談に係わるときは、担当キャリアパートナーとして職務経歴書の書き方を大切にしています。
今回のR.Kさんは、非常に意欲的な方ですので、急性期、回復期、生活期全ての分野に興味をお持ちでした。

しかし、自己PRについては、「全ての分野に興味があること」よりも、「急性期の経験をいかせること」に絞ったほうが、入職先の信頼を得やすかったため、まずは採用されることを優先したアドバイスをさせていただきました。

ここがポイント

求職者さまとの相性を重視しながら内情を把握してご紹介します。

「人間関係がよくない」というのは、転職理由ランキングの中でも上位に入る項目です。
しかし、相手との相性によって合う、合わないが分かれてしまうため、なかなかご自身で探すのは難しいものです。

PT/OT人材バンクでは、事業所の内情をしっかりと理解した上で、求人情報に記載されている内容についての不安や疑問についても、メリット、デメリットを含めてお伝えさせていただいています。
また、求職者様が一番求めているものを理解した上で、ご希望やご状況に合ったご紹介をしています。