言語聴覚士の役割

言語聴覚士とは、話すこと、聞くことに障害がある人に対して、その機能を回復させるためにリハビリテーションを行います。検査や評価をおこない、その結果に沿って訓練をしていきます。

また、言語に関することだけではなく、食べることや、飲み込みの状態についての訓練も言語聴覚士の役割です。

病気や事故の後遺症、発達に問題があるなどの理由で言語的な問題や食べること・飲み込みに問題のある人が言語療法士の対象の患者となります。そのため、年齢層を問わずに、幅広い年代の人に対してリハビリテーションを行います。

リハビリテーションというと、身体の機能に関する訓練、理学療法士や作業療法士の行うような大きな動作のリハビリテーションを想像しがちですが、言語療法士の行うリハビリテーションは少し違います。顔や口、耳、のどなどのわずかな動きの中で問題となっていることを見つけ改善していく大切や役割を担っています。

人間にとって話す・聞くというコミュニケーションや、口から食べ物を摂取するということは、その人の生活の質を高めるためにとても重要なことです。このため、言語療法士の行うリハビリテーションは生活を改善していく上で欠かせないものとなります。

言語聴覚士が活躍している場所

言語療法士の対象患者は幅広いため、さまざまな病院や施設での活躍が期待されています。言語療法士が一番多く働いているのは、やはり病院が多いようです。

病院ではリハビリテーション科、耳鼻科など、科はさまざまですが、脳疾患の後遺症で言語や嚥下に問題のある患者に対してリハビリテーションを行います。科により仕事内容は違ってきますが、大きな病院であれば多職種によるリハビリテーションチームがあり、その中で言語療法士としての役割を果たします。

対象患者に対して検査、評価、訓練を計画し、多職種と連携しながらリハビリテーションを進めていきます。

老人福祉施設でも活躍の場があります。老人福祉施設に入所している人は嚥下や言語に問題を抱えていることが多く、そのような人に嚥下訓練や言語訓練を行います。

教育機関にも活躍の場が広がっており、特殊学級や療育の施設で発達障害のある子供に話すこと・聞くことの言語に対する訓練をします。

働く職場によって対象患者、環境、仕事内容が大きく違いますが、どの現場でも言語療法士が単独でリハビリテーションを行うというよりは、他の職種の人と連携が必要になることが多いでしょう。連携や調整をしながら対象者にとって必要なリハビリテーションをしていくのが言語療法士の役割です。

言語聴覚士に向いている人とは

言語療法士は、患者さんだけでなく、その周囲にいるいろいろな人と関わっていく仕事です。そのため、コミュニケーション能力が求められることになります。自分ひとりでコツコツとやりたいという人には向かないかもしれません。

患者さんはそれぞれ問題や悩みがあり、それを一緒に解決していくという姿勢が大切です。その人の抱えている問題はなんなのか、親身になって寄り添うことが大切です。リハビリテーションはすぐに結果の出ることではなく、長期にわたることもあります。その期間、患者さんを支えながら一緒に目標に向かっていくことのできる人が求められます。

また、医学は日々進歩しており、リハビリテーションの現場でも新しい情報がどんどん入ってきます。資格を取った後も、勉強を続ける向上心も必要でしょう。

難しいことばかりに思えるかもしれませんが、もちろん誰でも最初から完璧にできるわけではありません。資格を取って就職してから、自分自身も悩みながら成長していっている人がほとんどです。

患者さんの生活の環境を整え、向上するためにリハビリテーションを行い、それを支える言語療法士はとても重要な役割です。「誰かの助けになりたい」という気持ちを持っていることが大切なことです。