理学療法士の日々の仕事内容とは?

2020-10-26 15:30:00


リハビリを行うために欠かすことのできない理学療法士ですが、どのような仕事内容なのか、あまり知らないという人が多いのではないでしょうか。理学療法士の仕事について詳しく見ていきましょう。
目次

理学療法士とは?


理学療法士は国家資格が必要な仕事で、その仕事内容は「理学療法士および作業療法士法」という法律に定められています。「Physical Therapist」を省略し、「PT」と呼ばれることもあります。

身体になんらかの障害がある人に対し、医師の指示のもとで、機能の回復や維持を目的として運動をしたり、マッサージ・電気・温めるなど物理的な刺激を与えたりします。

理学療法士の勤務先は、介護施設や病院など機能回復訓練を実施する施設がある場所です。働く場所によって施術対象が変わるので、仕事の内容に差があるかもしれませんが、基本的には身体の機能の回復を目的とした治療を行います。

理学療法士は、スポーツ分野での活躍も増えてきているようです。スポーツでのケガによるリハビリだけでなく、予防のための身体の動作の指導などが仕事内容となります。

理学療法士の種類


理学療法士を目指すときに専門学校に進学するか、大学に進学するか迷っている人もいると思います。進学した学校での違いはあるのでしょうか。

理学療法士になるためには専門学校でも大学でもOK


理学療法士は国家資格で、受験資格を得るのに理学療法士になるための専門学校か大学を卒業する必要があります。専門学校は多くの学校が3年制で大学は4年制となりますが、学ぶカリキュラムに違いはなく、どちらを選んでも資格に違いはありません。

「高度専門士」になるためには4年生で学ぶ必要がある


理学療法士のなかでも「高度専門士」と呼ばれる称号がありますが、この称号を付与されるためには、4年制の大学または文部科学省が許可した4年制の専門学校を卒業する必要があります。

高度専門士の称号があることで、仕事の内容の範囲に違いがあるわけではありません。理学療法士として働くためには国家資格があればいいのですが、より深く理学療法について学びたい、研究したいと大学院への進学を選択する人もいます。

専門学校卒でも4年制の学校を卒業して高度専門士の称号を取得していれば、大学卒でなくとも大学院に進学することができます。理学療法士の免許を取った後に、現場で働くだけではなく、もっと学んでいきたいと考えている人は、4年制への進学を考えたほうが、より可能性が広がるでしょう。

理学療法士の日々の仕事の流れ


勤務先によって違いはありますがリハビリをおこなうだけではなく、計画を立てる、リハビリの経過や患者さんの様子を記録するなど、事務的な作業もあります。入院設備のある病棟での勤務だとおおまかにはこのような流れになります。

・朝…ミーテイング、今日の予定の確認。
・午前中…通院の患者さんのリハビリ。
入院中の患者さんは、午前中は医師の回診や看護師のケアなどを受けているため、リハビリは午後から組んでいるところが多いでしょう。
・午後…通院、入院中の患者さんのリハビリ。
日によってはリハビリチーム内でのミーテイングや看護師、医師などを含めた多職種ミーテイングがあります。
・今日1日の記録などを整理して、勤務終了となります。

理学療法士の仕事では、急患が飛び込んでくるということはないので、患者さんへのリハビリは時間内で終了となります。片付けや翌日の準備、記録などの雑務が残ることはありますが、基本的な仕事は時間内で終わるところが多いでしょう。

また、入院施設であっても夜間は患者さんも休息の時間になるため、夜間にリハビリが行われることはほとんどありません。

理学療法士と作業療法士の違い


リハビリに携わる仕事として、理学療法士と作業療法士があります。それぞれ別の資格であることは知っていても、仕事内容の違いについては一般にはあまり知られていないことの方が多いと思います。

作業療法士は、「Occupational Therapist」の略で、「OT」と呼ばれています。作業療法士も、理学療法士と同じく国家資格です。

理学療法士が身体の機能の回復を目指すのに対し、作業療法士は社会生活の中での適応を目指します。食事・入浴・料理など、日常生活を送るための動作をサポートします。作業療法士は障害のある人に対してだけでなく、精神科でも日常生活を送るためのリハビリを行っています。

高齢化社会に伴い、機能の回復だけでなく予防としての機能訓練も注目されており、理学療法士の活躍の場は今後もさらに広まっていくと考えられます。医療の現場で、理学療法士の存在は欠かせないものとなっていくことでしょう。

検査技師限定 年収400万以上 週休2日、残業なし 研修制度あり、手当充実

検査技師限定 年収400万以上 週休2日、残業なし 研修制度あり、手当充実

おすすめのPT/OT/ST求人

リハビリデイサービスセンターArts

理学療法士(PT)
【月給】 200.000円-240.000円 基本給 200.000円-240.000円 【特記事項】 昼食補助あり 500円/日 【賞与】年2回、2ヶ月分(前年度実績) 【昇給】年1回 【退職金】制度有 ※勤続3年以上 【通勤手当】支給あり 非常勤 【時給】 1,000円-1,200円
栃木県 栃木市
デイサービスにて理学療法士の募集です! 高齢者領域で経験活かしたい方、大歓迎です! 非常勤の方もぜひお気軽にご相談ください!

デイサービス笑顔いちばん鵜沼店

理学療法士(PT)
【月給】 195,000円-250,000円 基本給 175,000円-230,000円  資格手当 20,000円 【特記事項】 年齢・経験に応じて基本給考慮 【賞与】年2回(前年度実績) 【昇給】年1回 【退職金】制度なし 【通勤手当】月上限20,000円  非常勤 【時給】 1,100円-1,200円 【昇給】年1回、1時間あたり10円 【通勤手当】月上限20.000円
岐阜県 各務原市
生活機能改善リハビリに特化したデイサービスで個別リハビリを担当していただきます♪ 平成28年度 岐阜市男女共同参画優良事業者に選ばれています!働きやすい環境づくりを行っています☆ 岐阜県介護人材育成事業者にも認定!

リハビリデイサービスセンターArts

作業療法士(OT)
【月給】 200.000円-240.000円 基本給 200.000円-240.000円 【特記事項】 昼食補助あり 500円/日 【賞与】年2回、2ヶ月分(前年度実績) 【昇給】年1回 【退職金】制度有 ※勤続3年以上 【通勤手当】支給あり 非常勤 【時給】 1,000円-1,200円
栃木県 栃木市
デイサービスにて理学療法士の募集です! 高齢者領域で経験活かしたい方、大歓迎です! 非常勤の方もぜひお気軽にご相談ください!

エイトケア

言語聴覚士(ST)
◆常勤 【月給】250,000円以上  基本給 170,000円-  職務手当 60,000円  実績手当 0円-20,000円  経験手当 0円-10,000円  資格手当 20,000円 【賞与】年2回、2.5ヶ月分(前年度実績) 【昇給】年1回  【退職金】制度有 ※勤続10年以上 【通勤手当】月上限 20,000円 【特記事項】 初年度初回賞与はこのとおりではない ◆非常勤 【時給】1,700円 (研修期間900円) 【通勤手当】あり
広島県 広島市中区
訪問看護ステーションからのリハビリ業務です。 常勤の場合は1日平均6件の訪問で、それ以上訪問の場合は実務手当で還元しています。 訪問先→事業所から半径3km圏内が主のため電動自転車での訪問も可能!そのためお運転NG方も相談可能です! 【求人ポイント】 ・月給26万以上! ・駅チカで通勤便利♪ ・土日祝休み! ・セラピスト在籍あり ・自家用車訪問の場合は直行直帰もOK!